人間関係をリセットするために転職!

看護師の転職理由で多い人間関係



看護師で転職を考える方は増えていますが、転職の際の理由として多いもののひとつに人間関係があります。看護師の 仕事はその特性上、女性が多く活躍している職場です。そのため、女性が多い職場特有の人間関係もあり、そこに 上手く馴染めずに辞めてしまうという方は多いです。
ブランクのある看護師の復職、転職先選びのコツ

多くの看護師の職場である病院は慌ただしい雰囲気の事が多く、 緊張感やストレスを感じながら仕事をしている方も多いです。周りの方にどうしても余裕がなくなる事も多いです。

人間関係とひと言で言っても様々なケースがありますが、中には嫌がらせがヒートアップしすぎてきたためという方もいます。悪口を陰で言われたり、ミスをわざとしやすくなるような状況にしたりなどという事もあります。

自分が周りからなぜか避けられているなど、何か人間関係のトラブルの前兆というようなものを感じたなら、早めに相談するように しましょう。上司などに相談をするのが一番良い解決方法です。

周りからの対応の変化が怖くて相談できないという方もいるかもしれませんが、現状をそのままにしておく方が状況が 悪化していくケースがほとんどです。そのため、出来るだけ自分の中だけで抱え込まずに、上司がまずは抵抗があれば 家族の方や周りの方で話を分かってくれそうな方に相談をしましょう。 長崎大学病院

自分だけで考え込んでいると良くない方向に 考え込みがちです。相談する事で突破口が開けることもありますし、自分の気持ちも楽になりやすいです。

まtあ、転職の際にも人間関係で退職したという理由は、マイナスに捉えられてしまう事も多いです。協調性やコミュニ ケーション力に採用側が不安を感じやすいためです。その際はできるだけ、前向きな形で伝えるようにしましょう。

自分も反省しており、改めて環境を変えて再スタートしたいと思っているなどの気持ちを伝え、他のアピールポイントも しっかりと伝えていきましょう。そして、次の職場では気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。

看護師の色々な雇用形態

看護師は女性が多く働いている職場のため、家庭と両立して頑張っている方も多く、ライフスタイルに合わせた働き方ができるように正社員以外の勤務形態が充実している職種です。

契約社員や派遣社員、パートやアルバイトなどもありますし、夜勤がある職場では、夜勤専従看護師という夜勤のみで働くという看護師の方もいます。長い看護師 人生の中では生活環境が変化するという事も少なくありません。その時に応じた働き方を考えていく事が大切です。

契約社員や派遣社員は社員となって働きます。契約社員では条件は正社員とほぼ同等ですが、期間が決まっており、その期間を過ぎたら契約更新か打ち切りになります。派遣社員は派遣会社に登録して、病院などの職場に派遣されて働きます。

時給制の場合が多いですが、保険などは付くので、社員と似ている部分があります。正社員だと一つの 職場でずっと働きますが、契約社員や派遣の場合は職場を短期間で変えやすいというメリットがあります。

パートやアルバイトは時給でお給料を貰う形態です。二つの違いはそれほどありませんが、パートは比較的時間が長めで、まとまった時間働くというイメージです。家庭との両立であまり時間が取れないという方はこの形態にすると時間に融通を利かせる事ができます。

空いた時間だけ働いたり、空いている曜日だけ働いたりという事ができるため時間を有効活用できます。看護師は専門職なので、比較的時給も高くなりやすいというメリットもあります。

最後に夜勤専従看護師は夜勤だけで働きたいという方にはお勧めです。夜勤は看護師の中でも大変というイメージが強いですが、専従という形にすると生活リズムも作りやすいため、やりやすいという方もいます。

また、夜勤を敬遠する方は多いため、夜勤はお給料が高めに設定されています。夜勤専従看護師は一日当たりのお給料が高めに設定されているので、ひと月に働く日数が少なくても収入になるというのはメリットです。

看護師と一緒に働く専門職の種類

看護師として働くことになった場合、その他にも様々な資格を持った方と一緒に仕事をしていくことになるでしょう。 医師が代表的ですが、他にもたくさんの職業の方と接することになるため、代表的なものをご紹介します。

まず、臨床検査技師です。 臨床検査技師というのは、医師や歯科医師などの指示を受け、様々な検査を行う職業となります。 この資格は厚生労働大臣の免許を受ける国家資格となっており、細胞やウイルスについて調べたり、器官の異常、寄生虫などを発見する役割を持っています。

他にも生理学的検査などを行ったり、看護師にとっても身近な存在です。

それからPTとも呼ばれる理学療法士と接する機会もたくさんあります。 主な仕事内容はリハビリで、こちらも国家資格です。

病気やケガからいち早く回復するためには理学療法士のサポートが欠かせません。

薬剤師も看護師と接することが多い職業です。 医師の処方した処方せんに基づいて調剤を行い、医薬品の供給だけでなく管理や患者さんへの薬の説明などを、行う職業となります。

入院患者さんのケアをするのに欠かせない存在ともいえるのが、栄養士です。 栄養士自体は都道府県知事の免許という形になるのですが、管理栄養士国家試験に合格することにより、国家資格である管理栄養士を目指すこともできます。

栄養士が献立を考えてくれるからこそ、患者さん一人一人に適切な食事を出すことができるわけですね。

他には、OTとも呼ばれる作業療法士という存在がいます。 こちらは、高齢者や精神障害者、発達障害者、身体障害者に対して、日常生活力を高め社会生活に適応できる能力を身につけるという目的で患者さんを支援する存在です。

国家資格となっており、リハビリテーションセンターや療護施設などでも活躍しています。

このほかにも、ケースワーカーや看護助手、言語聴覚士、診療放射線技師などを実に様々な方と一緒に仕事していく形になるので、それぞれの仕事を理解し、お互いに助け合いながらより良い業務を行っていきましょう。

↑ PAGE TOP